日記 2017.10.1

Fujifilm X系列的Velvia底片模擬從出生以來一直都是個極負爭議的問題寶寶。

實話實說,我覺得並沒有必要在這個問題上糾結太多。底片就是底片,數碼模擬地再相似,數碼依舊還是數碼。我想FujifilmProvia/Astia/Velvia/Acros來取名這些底片模擬的原由,一方面是為了呼應大家熟悉的那些名字與色彩性格,一方面也是為了炫耀自家令人驕傲的color science。

f:id:insigniachiaki:20171001221400j:plain

自稱Japan Camera Hunter的Bellamy Hunt曾經調侃過,歷史悠久的底片大戶Fujifilm其實在現在的市場潮流裏面已經擺明了公司對繼續生產底片的期許並不多,可卻還在不斷地用新的數碼產品去勾引大家對過往的情懷。很明顯有點本末倒置。

的確,這種做法我也不怎麼喜歡。但是身為消費者,能怎麼辦呢?照樣還是買啊!

f:id:insigniachiaki:20171001221947j:plain

來說說我對X系列的Velvia和其他底片模式的粗淺認知好了。

在Mapcamera與Fujifilm上野先生的訪談中曾經提到過,底片模式除了都經過精心的曲線調整來勾勒出一種特殊的色彩調性,Fujifilm其實也會根據自動白平衡的算法來調整這些底片模擬在不同色溫下所會出現的不同表現。

我從X-Pro1和X-T1就嘗試用Velvia模式拍過一些題材。當年也是被那鮮艷奔放的色彩所吸引。

可是熟悉這些老相機的人都知道,一和二代X-Trans傳感器所體現的Velvia其實有點過於搶眼,顏色不夠有安定感。或許有些人會喜歡那樣的飽和度,我個人是不太喜歡把它當成是可以日常使用的顏色。

f:id:insigniachiaki:20171001222013j:plain

到了第三代X-Trans傳感器的X-Pro2/X-T2系列相機,我發現Fujifilm不止對Velvia做出了調整(這是當時發佈新相機時明言說過的),連Classic Chrome、Astia這些好像也發生了一點變化。

我個人的體會是,這些底片模擬模式的色彩都比前兩代多了一些暗部細節,少了一些明顯色偏的不真實感。雖然我認為Fujifilm的顏色相比CanonNikon還是相對的不夠寫實,但針對一些場景來說,Fujifilm這些對於顏色的理解也有它獨到的討喜之處。

f:id:insigniachiaki:20171001222044j:plain

Velvia的紅色更耐看了、Astia的高光roll-off更自然了、就連基礎的Provia也更符合一個標準顏色的色調了。在這些之上,Fujifilm還送了一個新的Acros。更細膩、高反差的黑白模式,不止是針對街頭攝影,對於人像和風景都能帶給大家不一樣的體驗。

如果說X-Pro2在使用上給我帶來的一個大改變,那就是我更信任FujifilmJPEG了。
雖然我還是大多數時間使用RAW來進行修圖,機身給的JPEG更好地提供給我了一個大致的修圖方向,讓我不用摸索太久需要找的感覺。

尤其是這兩年來,我的後製風格越來越偏向於原色系,更少去拉爆圖片的灰階與明度,機身內置的底片模擬就更能給我一些在原色系上能夠做出不同表現的大致方向。

f:id:insigniachiaki:20171001222108j:plain

最近用XF35mm F2用久了,發現視角的局限性有點明顯了。台灣的街頭沒有東京那麼難以讓我親近,我也更願意靠近一點拍攝。這種時候其實略廣一點的鏡頭會比標準視角更適合些。

f:id:insigniachiaki:20171001222139j:plain

期待新的18mm F2趕快發佈。

或許那才是我的歸屬。

日記 2017.9.29

f:id:insigniachiaki:20170930235537j:plain

今天去了一個叫做華山文創園區的地方。

其實兩年前,父母帶我去過松煙改建的文創園區,不過那時候我對那裡的印象不是很好。主要是因為我感覺台灣政府好像在很牽強地製造出一些景點,讓(偽)文青去消費。

我本來很排斥去這種感覺不到底蘊的地方,不過這周去過了華山後有點改變我對文創的印象。

f:id:insigniachiaki:20170930235701j:plain

或許是時間改變了我的看法,又或許是這次出門的時候心情不太一樣。

當我看到華山文創園區裏面的咖啡廳、酒吧、各大小藝術品小店之後,其實感覺這裡還算有發展潛力。

只希望政府和自己人不要搞崩了這麼好的環境。

f:id:insigniachiaki:20171001000732j:plain

 

2017.9.29

 

Fujifilm X-Pro2 + XF 35mm F2 R WR

Wixでウェブサイト「That Sunny Wednesday」を作成してみました

良かったら、どうぞこちらへ:

michaelycis.wixsite.com

 

ホームページ

f:id:insigniachiaki:20170924135407j:plain

 

ポートフォリオポートレート写真)

f:id:insigniachiaki:20170924135459p:plain

 

ポートフォリオ(旅行写真)

f:id:insigniachiaki:20170924135416p:plain

f:id:insigniachiaki:20170924135419p:plain

 

ブログもありますよ。今のところはほぼレビューですが。

f:id:insigniachiaki:20170924135531p:plain

 

イェー (*´∀`)

宇治へ。

2Q0A6331

R0010333-光沢

R0010334-光沢

2Q0A6296

2Q0A6254

2Q0A6275

2Q0A6261

2Q0A6262

2Q0A6335

 

おまけで、和歌山の一枚を。

 

R0010257

 

2017.9

 

Canon 5D Mark III + Sigma 50mm F1.4 DG HSM

Ricoh GR II

和歌山へ。

卒業式前に家族と共に和歌山へ行きました。

和歌山で4日間を楽しく過ごしました。

 

Onigajyo

 

今回持ち出した機材は常用の5D Mark IIIとGR IIです。

GR IIにGW-3というワイドコンバーターを組み合わせました。

時々iPhone 6も使いました。

 

R0010195

R0010209

R0010213

R0010227

 

室内にはほぼ絞り開放で撮りました。もちろんフラッシュ使いませんでした。GR IIは小型軽量で、水族館を歩くとき本当に持ちやすいでした。

 

R0010268

R0010273

2Q0A5970

 

長い長いハイウェイを走り切ると、町が現れました。

 

2Q0A6142

 

三重県にも来ました。行ったところは有名な場所ではないけど、観光スポットだそうです。

 

2Q0A6112

 

この4年間、いつもJR東日本の列車で通学しました。

関西に来たおかげで、生まれ初めてJR西日本の列車に乗りました。

 

2Q0A5912

2Q0A5910

2Q0A5920

2Q0A5922

2Q0A5924

 

新大阪駅は噂通り素敵でした。まさに光と影の楽園ですね。

 

R0010109

 

Sigma 50mm F1.4 DG HSMが本当に5D Mark IIIにベストマッチだと思います。こんなハイコントラストなシーンでもとてもシャープで、パープルフリンジもほぼ出ていませんでした。

 

2Q0A6027

2Q0A6084

2Q0A6052

 

家族旅行ですから、メンバーも。

 

2Q0A6038

IMG_5006

2Q0A6081

 

The trip was great.

 

 

2017.9

 

Canon 5D Mark III + EF35mm f/1.4L USM + EF24-70mm f/2.8L II USM + Sigma 50mm F1.4 DG HSM

Ricoh GR II

 

GR IIがやっと修理から戻って来ました

GW-3をつけて、懐かしい21mmの画角でスナップ写真をとってみました。

 

f:id:insigniachiaki:20170908211200j:plain

f:id:insigniachiaki:20170908211220j:plain

f:id:insigniachiaki:20170908211247j:plain

f:id:insigniachiaki:20170908211251j:plain

 

New camera bag

f:id:insigniachiaki:20170905082658j:plain

 

www.amazon.co.jp

 

前からデザインがすごく気に入って、来週の関西旅行のためにやっと購入しました。

 

f:id:insigniachiaki:20170905082805j:plain

  

カメラ一台、レンズ三本、そして上段に少し荷物も入れました。

ポケットはいくつもあって便利です。使い勝手がとてもいいと思います ( ´ ▽ ` )